泣けてくるほどすきなもの、
打ち込めるものがあることは、
幸せすぎることだと思う。


つまりわたしは幸せなのです。