時は戦後

溝口健二『夜の女たち』
溝口健二『夜の女たち』

近年のわたしのテーマ。
「女性」


「女」と「性」
「女」の「性」


女の強さ、繊細さを、
知りたい。
伝えたい。
感じたい。
表現したい。

各時代における女性の位置、立場。
異なるもの、変わらぬもの。
そういうものを追求したい。
わたしが演劇をしている、理由のひとつ。


そして今回。


出会うべくして出会った作品、
だと思っています。



蒼い電波塔の会 第肆回公演
『黒春の乙女 ~きみパンパンたまうことなかれ~』
作・演出   千葉あさひ

◆公演日時:10/8(水)~13(月)
8日    19:00
9日    14:00/19:00
10日  19:00
11日  14:00/19:00
12日  14:00/19:00
13日  14:00


◆劇場:「劇」小劇場 (下北沢)

◆料金:前売り 3700円   当日 4000円



よろしくお願いします。