初富士登山△▲△



もう今年いこう!
と決めて、いってきた。

星空の下、
上を見上げた瞬間、
星空の中にいるわたし。
呼吸が止まった。
星がこぼれ落ちてくるんじゃないかってほど、
ほんっとにキレイで、
もしかしたら心臓も一瞬止まってたかもしれない。
流れ星にも会わせてくれた。

御来光はもう、
それはすばらしくて。
この世の始まりなのか終わりなのかわからないくらいに、
それはそれはもうすばらしくて。
そしてそれをほんっとに多くの人たちと共有している感覚が、
痺れるくらいに心臓に響いて。
涙も鼻水も、たっぷり富士の大地の上に残してまいりました。

天候にも恵まれて、
(一部では雨予報もでていたけど。)
同じバスでいった人は、全員頂上到達ができて、
(これは珍しいことで、同乗していたガイドさんにとっても初めてのことだそう。)
みんなで幸せを共有した
みんなの幸せを感じられた
みんな幸せでよかった
それがすっごくうれしいと思った

富士山の雄大な自然と、
たっくさんの人のパワーを授かって、
わたしもありったけのパワーを放出してきた。
だからみんな、もっともっと幸せに、
もっともっとパワフルに、なるな!
うん。

体力的に勿論すっごいキツかったのだけれど、
不思議と普段の仕事のあとより足が全然楽なのだ。

今日はゆっくり休んで、
頂いてきたパワーを身体にじっくり浸透させよう。
明日のわたしにバトンタッチしよう。

どんな朝を、迎えるのでしょう。
たのしみたのしみ。
明日へ続く◇◆