オンナになった日

いっしゅんのこと / シバミノル
いっしゅんのこと / シバミノル
生理がきて、
久しゅうく継続的に訪れてきて、
この度、
今まで他人事でしかなかった生理痛とやらに、絶賛振り回されております。

わたしはこれを、
「遅れてきた思春期」と銘打ったのだけれど、
これまたなかなか辛いのですね。

なめてました。

女子のみなさん、
今までごめんなさい。

完全になめてました。

こんなんと毎月、何年も何年も向き合ってたなんて...(この先もまだ...だなんて..)

頭が上がらないす。。。


女ってすげーなー。。。
って、
思ったのです。ほんとに。
で、わたしもその、
“すげーなー”
の仲間入りを、ようやく果たしたのかと、
ちょっぴり得意気になってみたのです。
なんだろこの、ちょっと誰かに自慢したい感じ。・・


大人になるって、
女になるって、
こういうことなのね。
なんて、
感慨深くも感じてみたり。


とか、考えつつも、
つらいんす、ちくしょう。。。


稽古の合間、
そんなこんなで朦朧とする頭を、やれ起こしたら、
ふと目に飛び込んできた共演者の背中。
「ハンバーガーを ナメている すべての人たちへ」
と掲げられていて、
若干薄れゆく意識の中で、
(あ、はい、わたし、ナメてます。)
って、心ん中で謝った。
そんな攻め文句を背負った彼女の背中を見つつ、
(ほかにもあんだろ~な~ナメてること。。。)
って、
(なんだろな~)
って、
考えてみたりした。


ぶっくぶく妄想は膨らんで、
喜怒哀楽が同時に押し寄せてきて、
わたし、自分が神かと思ったよ。


トリップしたね。


生理になるって、
大人になるって、
女になるって、
こんな感じなのだろか?


毎月わたしは神になるのだろうか。。


さてさて。
はてはて。