深夜自転車飛ばしから、清々しい朝

Photographer:菊池 真未
Photographer:菊池 真未
些細なことでふと、
俳優やっててよかったなって思うことがある。
これまでやってきたことがつながったと思う瞬間がある。
これまでの生き方そのものが、つながったように感じ、
この先にもつづいていると、実感できる瞬間がある。


わたし、演劇がすきだし、
演劇をすきな自分自身もすきだ。


数日前には酔っ払って、
「音楽が世界を変える!」
と、友人に豪語していたけれど笑


それも本心。の一。


清々しい朝。だ。



一流をめざすのであれば
一流に触れる。
一流を知る。
一流になる。
今は背伸びと思っていても、
それがいつかは当たり前になる。