ねむれなすぎて、


ねないことにした。