写真

写真に映るのは、撮る人と被写体の、関係性と距離感だと思う。
そこに映る自分には興味があるけど、
自分がどう写るかにはあまり興味がない。
写真は死ぬほど嫌いだったし、
基本的には今でも苦手。
それでもセッションを続けていきたいと思うのは、カメラを通した無言の会話と駆け引きがたのしいから。
方法も、感覚も、仕上がりも、
人それぞれ。時それぞれ。

それもまた、楽しみであり、喜びです。


Photographer:菊池 真未
Photographer:菊池 真未