はじまりはじまり。

去年の今日は下北沢で芝居をしていました。
考え方、姿勢等、色々考えていた転換期。
この辺りから数ヶ月間、
自分と向き合いつくさねばならない状況にまで、追い込まれ追い込んだ時期でした。
人との関わりや出会いの中で、
時には恐れ、時には憎み、
時には頼り、時には救われ、
人を嫌いになり、自分を嫌いになり、
大勢の中で寂しくなり、
ひとりの中で寂しくなり、
ちいさなおおきな沢山の葛藤や決断を経て、
今、今日のわたしがいます。
今、わたし自身のこと、わたしの人生、目の前のモノやコトやヒト、みんなみんなだいすきです。


脚本が届いて、
まるで恋文のようで、
わくわくと、
あたたかい気持ちになりました。


すきなものが、またひとつ、ふえました。